いびきの治し方。原因を知り改善するために

生活、暮らし By otasuta

いびき」は、狭くなった上気道が呼吸時に擦れて出す音。と説明されており、睡眠時や脳梗塞で失神した時などに発生する事があります。

いびきが病気であるということはありませんが、睡眠の質を下げ他の病気となるリスクを高めることが指摘されています。

また、睡眠時いびきが発生する場合、本人は気づきにくく、同居人の睡眠を阻害してしまうことがあります。

自らの健康を害し、周囲の方に迷惑を及ぼす「いびき」。改善を図ってはいかがでしょうか?

横向き寝まくら「YOKONE Classic(ヨコネ クラシック)」

いびきの仕組み

いびきは呼吸によって空気が通るときに、「上気道」(のどや鼻のこと)の中の粘膜が振動して音が鳴る現象です。

睡眠時に、喉や鼻などをはじめ全身の筋肉が緩むことによって「上気道」が狭くなり「抵抗音や振動音」が発生しやすくなります。その音が「いびき」となります。

上気道」はアルコール、肥満、疲労、病気、薬剤や老化など様々な要因で狭くなります。

そのため「抵抗音や振動音」は大きくなり、大きないびきが出てしまうということになります。

いびきの原因

上気道が狭くなることがいびきの原因となりますが、上気道は様々な要因から狭くなります。

いびきをかく人の特徴としては、以下のものが挙げられ、それらが複数影響していびきをかいていることがあります。

1.肥満気味である。

2.口呼吸の習慣がある。

3.仰向けで寝ている。

4.鼻炎の症状がある。

5.ストレスが溜まっていて、疲れている

6.寝る前にお酒を飲む習慣がある。

7.睡眠薬、精神安定剤を服用している。

いびきの日常生活への影響

いびきの弊害は睡眠時の騒音だけではなく、普段の生活にも深い影響が出てきます。

いびきは上気道が狭くなること」で発生します。つまり、「気道が狭くなり、呼吸がしにくくなっている状態」と言えます。

呼吸がしにくい状態の睡眠のため、睡眠の質が落ち、疲れが取れず、健康への悪影響が出てきます。

いびきと関連性のある病気を挙げますと以下のようになものがあり、いずれもいびきによる呼吸停止による酸素不足が影響を与えています。


睡眠時無呼吸症候群

睡眠時の呼吸停止、昼間の強い眠気などの症状があり、しばしば激しいいびきを伴います。

高血圧や糖尿病

いびきをかいているときは呼吸が不十分で酸素不足に陥っている状態で、その状態が長く続くと高血圧や糖尿病などの生活習慣病になりやすくなるとされています。

心臓疾患や脳疾患

酸素不足が続くことで不整脈・心不全・心筋梗塞などの心臓疾患、脳卒中や脳梗塞などの脳疾患が引き起こされる危険性もあります。

このように、いびきの影響する病気がありますので、医療施設に診療に行く場合は、耳鼻咽喉科などで診療することが推奨されます。

いびきの改善方法

いびきを改善するには、生活習慣を改めることが大切です。

ダイエットをする

喉付近や口の中などに脂肪がつくと上気道が狭くなりますので、肥満気味の場合はダイエットをしましょう。

ただし、急激なダイエットはかえって体調を崩し、疲労やストレスからいびきをかきやすくなることもありますので、無理は禁物です

鼻呼吸を行う

寝ている間だけではなく、普段から鼻呼吸を行うように心がけて生活します。

鼻炎など鼻の疾患がある場合、口呼吸になってしまうことが多いので、病気の治療を行いましょう。

横向きで寝る習慣を作る

仰向けで寝ると、舌が喉の方に沈み上気道を狭くする原因になるため、横向きで寝る習慣をつけましょう。

習慣付けが難しい場合は、抱き枕を使うと横向きに眠りやすくなります。

枕などの寝具を変える

高さが合っていない枕は首が曲がって上気道を狭くします。

同じように柔らかすぎる敷布団やマットレスも、体が深く沈み込むことで首が曲がり、上気道を狭くする原因になります。

自分に合った高さや硬さの寝具を選び、快く眠れる環境を整える工夫が大切です。

眠る前の飲酒を控える

アルコールを摂取すると喉や口の中の筋肉がゆるみ、上気道が狭くなってしまいます。
眠る前にはお酒を控えるようにしましょう。

横向き専用枕【YOKONE Classic】ヨコネクラシック

YOKONE Classic(ヨコネクラシック)はムーンムーン株式会社が開発した。横向き寝専用枕です。

いびき改善に横向き姿勢で睡眠をとることは有効なのですが、一般的な枕は仰向けの姿勢で使用されるよう設計されているので、高さが足りず、肩が窮屈で、腕が痺れてしまい、却って眠りの質が落ちてしまうことがあります。

そこで、横向き専用の枕を使用して体に負荷をかけないようにし、眠りの質を維持して、睡眠をとることが効果的です。

いびき改善は、主に生活習慣を変えていくことで、改善されていきます。

しかし、普段行っている生活習慣を変えるのはなかなかに骨が折れます。

なので、寝具や枕などまずは切り換えやすい物から変えて、生活習慣を見直してみてはいかがでしょうか?

横向き寝まくら「YOKONE Classic(ヨコネ クラシック)」


カテゴリー:生活、暮らし
タグ:枕、睡眠、横向き寝

otasuta